주메뉴 바로가기 왼쪽메뉴 바로가기 컨텐츠 바로가기

日本語

 

korean village

公州韓屋村は、

忠清南道 公州市 観光団地道 12(熊津洞)番地に造成した公州韓屋村は、 2010年9月の世界大百済展(百済文化祭)に合わせて開館しました。公州を代表する観光地として親しまれる武寧王陵と国立公州博物館の間の敷地(3万1310㎡)に造成し、団体宿泊棟(6棟37室)及び個別宿泊棟(13棟23室)、付帯施設(オートキャンプ場4台、屋外炊事場9個、マルチールーム1室)と市場通りなどを整えております。

特に、先祖代々から伝わる伝統暖房システムㆍオンドルで環境に優しく、親環境的な建築様式である松ㆍ杉集成材を用いて伝統的な建築形式に、現代的な生活の利便性を融合した新家室構造は、老若男女の隔てなく、家族及び修学旅行地などの観光地として遜色のない場所です。

また、公州韓屋村では、韓屋に泊りながら伝統文化体験を通じて百済時代の文化を経験し得ると同時に、ヤンバン家の婚礼方式ㆍ‘家家礼’を編集した沙渓ㆍ金長生先生著ㆍ‘家礼輯覧’の式次に準じて、グㆍヨンボン文学博士の纏めを基に執り行われる伝統婚礼をご覧頂けます。

周辺の至る所に配置された宿泊客のための憩いの空間、公州韓屋村と共にするドゥレギル(周辺道)コースを備えた、伝統と現代が共存するバランス美学を秘めた公州韓屋村で貴重な思い出を残してみては如何でしょうか。

公州韓屋村のオンドルのメリット

  • 遠赤外線の発散により風邪を予防します。
  • アレンモッ(オンドルの焚き口から一番近い所)は暖かく、ウィンモッ(オンドルの焚き口から一番遠い所)は涼しいため、頭をスッキリさせ、リラックス効果があります。
  • 部屋の空気を対流し、窓から清気を流入させ、湿気と温度を調節するためストレス解消に効果的です。
  • 遠赤外線は、汗と各種の老廃物を体の外に排出するため、多くの病の治療に役立ちます。/li>
  • 腰を保護し、姿勢を矯正します。

公州韓屋村と共にする伝統文化体験
(1家族以上体験可能、体験費:1人当り5,000~10,000ウォン)

culture program
  • 体験紹介
    百済茶物語り、公州栗で菓子作り、百済女人の寝室覗き見、百済遺物での小物作り、百済書物編み、韓紙体験、百済王室体験

    伝統民俗遊戯 – 輪回し、チェギ蹴り、大型ユッノリ、投壷遊び、ゴヌ(十六武蔵)、双六遊びなど

公州韓屋村周辺の歴史体験

National Gongju Museum
  • 国立公州博物館(http://gongju.museum.go.kr/)

    国立公州博物館は、公州の歴史と文化を一目で理解できるように、武寧王陵室、熊津文化室、屋外庭園の三カ所の常設展示空間と特別展示室を運営しております。

- 無料観覧(但し、企画展示は、場合によって有料可能)
- 運営時間 平日:午前9時~午後6時 / 土、日、休日:午前9時~午後7時
毎週土曜日(4月~10月):夜間開場(午前9時~午後9時)
- - 休館日:毎週月曜日、毎年1月1日(お正月、秋夕連休期間中の月曜日は開館)

Munyeong King’s Tomb

-観覧時間 春‧夏‧秋季:午前9時~午後6時 / 冬季:午前9時~午後5時
- 休館日:元旦、秋夕当日

Gongsan Castle

- 熊津城 守門兵勤務交代式:毎年4月~10月の土、日曜日 午後2時~7時(7、8月は、酷暑により休務)
- 観覧時間 春‧夏‧秋季:午前9時~午後6時 / 冬季:午前9時~午後5時
- 休館日:元旦、秋夕当日

公州韓屋村と共にするドゥレギル(周辺道)

Museum Track
  • 博物館道

    - 艇止山の頂上で眺める錦江の日の出
    - 韓屋村 ▸ 博物館の脇道 ▸ 艇止山遺跡地(所要時間:20~25分)
Street of Munyeong King’s Tomb
  • 武寧王陵道

    - 華麗であった百済王の息吹を感じ取れる場所
    - 韓屋村ㆍ宣化堂の脇道ㆍ武寧王陵(所要時間:25~30分)
Street of Gomanaru
  • ゴマナル道

    - 熊と人間にまつわる伝説と美しい松林
    - 韓屋村ㆍ熊の祠が置かれた錦江辺の松林(所要時間:25分)
Street of Gongsan Castle
  • 公山城道

    - 城壁を徘徊しながら感じる熊津百済の位相
    - 韓屋村ㆍ武寧王陵ㆍ公山城(所要時間:40分~1時間)